資格講座・資料請求はこちら!トップ > 宅建 資格講座

宅建(宅地建物取引主任者)の合格率は15%前後で推移

宅地建物取引主任者、略して「宅建」。
そもそもは地味な資格かもしれませんが、業界関係者の間では必須として認識されていたものでした。
特にバブル期には、一躍、人気の資格に躍り出て、受検者の数も急増しました。
現在では少々落ち着いてはいますが、それでも人気資格の座はキープし、各地の資格講座でも根強い人気を保っているようです。

宅建は、例年20万人以上が受検申込みをする大規模な試験です。
合格率の方は、例年15%前後で推移しています。
業界関係者など、既に不動産に関する知識が豊富という人は独学というケースもあるのでしょうが、一般の人が合格を勝ち取るには、資格講座を利用するのが近道です。

宅建の資格講座、通学タイプと通信教育、どちらを選ぶ?

資格講座には、大きく分けると、通学タイプと通信教育タイプに分かれます。
どちらのタイプにも一長一短がありますが、自分の好みや状況を基に、選択するのは、結局は自分自身なのです。

通学タイプは、資格講座の中でも定番コースに位置付けられています。
メインとなる講義の他にも、模擬試験、宅建試験当日に向けた直前講習、自習室の設置など、各種のサービスが提供され、受講生の士気を高めるよう、あれこれ工夫がなされています。

通信タイプは、費用を比較的安く押さえることができますが、最後までやり通すには、それ相応の根気が要求されます。
最近では、DVDやインターネットで講義を提供する業者も増え、臨場感を高め、モチベーションのアップにも貢献しています。

宅建の試験は、全体の2割程が暗記で対応でき、残り8割は応用問題で占められるというのが、最近の傾向です。
基礎力を養い、資格講座で試験に十分対応できる応用力を身に付ければ、宅建合格は既に半分は実現したと言えるかもしれません。

適職診断
コンテンツ
RECOMEDE
更新履歴
宅建(宅地建物取引主任者)の合格率は15%前後で推移
宅建の資格講座、通学タイプと通信教育、どちらを選ぶ?
IT用語