トップ > 国家公務員の社会人枠 > 民間からの優秀な人材確保が目的

民間からの優秀な人材確保が目的

制度改革そのものは、2008年に成立した「国家公務員制度改革基本法」で方向付けがなされたものです。
従来のキャリア性に基づく試験は廃止され、政策の企画立案能力を測る「総合職」、的確な事務処理能力を測る「一般職」、特定分野の専門的知識を測る「専門職」に大別されています。

社会人枠の応募に関しては、民間企業などで実務経験を積んだ人が募集の対象となります。

合格者は、係長級以上に採用されることとなっています。

社会人枠をわざわざ設けるのは、大手企業や外資に流れやすい優秀な人材を各分野から確保したいという思惑があるようです。
応募する側にしても、育児休暇が充実しているなど、安定して働き続けられる点が魅力なのかもしれません。

……この記事の全文をみる
国家公務員の社会人枠
国家公務員の社会人枠=学歴や年齢の制限が大きく緩和されており、民間からの人材登用がスムーズになるといわれています。

前の記事 | 次の記事

関連記事
IT用語