トップ > 社会福祉主事 資格講座 > 社会福祉主事=厚労省の定める科目を資格講座で履修の必要

社会福祉主事=厚労省の定める科目を資格講座で履修の必要

社会福祉主事は、原則として、公務員として採用された上で、社会福祉事務所等に現業員として配属されて初めて生きてくる資格です。
ですから一般的には、それほど馴染みのある資格ではないでしょう。

厚生労働省が定める社会福祉主事受験資格によると、

(1)受検時の年齢が20歳以上であること
(2)大学などに設置された資格講座で厚生労働大臣が指定する社会福祉に関する科目を修了すること
(3)厚生労働大臣が指定する養成機関・講習会を修了すること、厚生労働大臣が指定する社会福祉事業従事者試験に合格すること

となっています。

……この記事の全文をみる
社会福祉主事 資格講座
社会福祉主事は厚労省の定める科目を資格講座で修得する必要があります。大学や短大が一般的ですが、働きながら学べる通信教育もあります。

前の記事 | 次の記事

関連記事
IT用語