トップ > 資格講座 簿記 > 簿記の資格講座、通学制の特徴は?

簿記の資格講座、通学制の特徴は?

簿記の資格は、昔から根強い人気を保っています。
その資格を取得する場合、民間企業で経理の経験があるなどして多少の心得があれば、独学でも何とかなるかもしれません。
しかし、普通は、資格講座の利用が一般的となるでしょう。

「日商簿記」検定試験は、日本商工会議所が主催し、1級から4級に分かれます。
1級と2級は、社会的にも高い評価が与えられていて、実用面から考えても、2級以上は欲しいところです。
資格講座を受講するにも、通学か通信かに分かれます。
自分の状況や性格などを考慮して、どちらかを選べばよいでしょう。

通学制の利点は、講師の生の声で、直接講義が受けられることにあります。
同じ志を持つ受講生と切磋琢磨できる点も魅力です。
通学制の資格講座では、授業以外でも、受講生に様々な便宜が図られています。
自習室が利用できたり、個別に相談が受けられたりと、受講生確保のためにも、多大なる企業努力が払われているようです。

……この記事の全文をみる
資格講座 簿記
簿記の資格講座は通学生、通信制などが選べます。どちらの資格講座も一長一短があるので自分に合った方法で簿記検定の準備をしましょう。

前の記事 | 次の記事

関連記事
IT用語