トップ > 宅建 資格講座 > 宅建(宅地建物取引主任者)の合格率は15%前後で推移

宅建(宅地建物取引主任者)の合格率は15%前後で推移

宅地建物取引主任者、略して「宅建」。
そもそもは地味な資格かもしれませんが、業界関係者の間では必須として認識されていたものでした。
特にバブル期には、一躍、人気の資格に躍り出て、受検者の数も急増しました。
現在では少々落ち着いてはいますが、それでも人気資格の座はキープし、各地の資格講座でも根強い人気を保っているようです。

宅建は、例年20万人以上が受検申込みをする大規模な試験です。
合格率の方は、例年15%前後で推移しています。
業界関係者など、既に不動産に関する知識が豊富という人は独学というケースもあるのでしょうが、一般の人が合格を勝ち取るには、資格講座を利用するのが近道です。

……この記事の全文をみる
宅建 資格講座
宅建(宅地建物取引主任者)は合格率15%前後の狭き門。それだけに独学だけでなく資格講座を上手く利用することが肝要になります。

前の記事 | 次の記事

関連記事
IT用語